松本市 任意整理 弁護士 司法書士

松本市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするなら?

借金返済の相談

借金の金額が多くなりすぎて返済が苦しい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理したい…。
もしそう考えているなら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談を。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、月々の返済が減額したり、督促が止まったり、といういろんな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法律事務所・法務事務所もたくさんあります。
ここでは、松本市に対応している、オススメの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
また、松本市にある他の法律事務所や法務事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。
借金問題は、自分だけで解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知恵や知識を借りて、解決策を見つけましょう!

借金・任意整理の相談を松本市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

松本市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、ここがオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをストップするのもできます。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、借金や債務のことを無料相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付できるので、お金に困っている人も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、債務・借金の悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないため、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので松本市に住んでいる方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい人柄。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



松本市周辺にある他の法律事務所や法務事務所紹介

松本市には他にも法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●黒澤司法書士事務所
長野県松本市沢村3丁目4-47 コンフォール沢村ビル 2F
0263-88-8250

●神戸法律事務所
長野県松本市中央3丁目11-1 ハヤマビル 2F
0263-38-0015
http://godo-law.jp

●松田司法書士事務所
長野県松本市新橋7-4 稲村ビル 2F
0263-35-2008

●中日本司法書士事務所
長野県松本市 深志二丁目8番6号 OTKビル3階
0263-50-9912
http://nakani.jp

●木下政久司法書士事務所
長野県松本市蟻ケ崎6丁目19-4 フォーブル木下 1F
0263-33-9241

●司法書士太田丸山総合事務所
長野県松本市出川1丁目12-11
0263-24-0080

●長野県弁護士会松本在住会
長野県松本市丸の内3-12
0263-35-8501
http://nagaben.jp

●荒井健治司法書士事務所
長野県松本市沢村3丁目1-7
0263-35-2385
http://shihou-arai.com

●征矢法律事務所
長野県松本市城西1丁目1-45 ビューフロント北松本 2F
0263-37-1477
http://soya-law.jp

●中野勝志法律事務所
長野県松本市大手2丁目5-1 モモセビル 4F
0263-31-3176
http://nakano-law.jp

●藤木茂司法書士事務所
長野県松本市蟻ケ崎2丁目5-16
0263-33-5693
http://fujiki-shiho.jp

●福田雅春法律事務所
長野県松本市中央3丁目3-16 松本蔵の街ビル401
0263-87-1980
http://rechtsanwalt.jp

●土橋司法書士事務所
長野県松本市平田東2丁目12-2
0263-50-7735
http://tsuchihashi-solicitor-office.com

●愛川法律事務所
長野県松本市中央2丁目8-23 津村ビル 5F
0263-36-7300
http://aikawa-lo.com

●古川司法書士事務所
長野県松本市白板1丁目9-43
0263-35-9188
http://furukawa-office.jp

●飯島勧司法書士事務所
長野県松本市北深志1丁目9-27 新町ビル 2F
0263-36-7568

地元松本市の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

松本市で借金に参っている人

お金の借りすぎで返済が辛い、このような状態では心配で夜も眠れないことでしょう。
複数のクレジットカード会社やキャッシング会社から借金して多重債務の状態。
月々の返済金では、金利を支払うのがやっと。
これじゃ借金を返済するのは辛いでしょう。
自分1人だけでは清算しようがない借金を抱えてしまったならば、まず法務事務所や法律事務所に相談してみましょう。
弁護士や司法書士に、今の借金の状態を相談して、良い策を探してもらいましょう。
近頃では、相談無料で受け付けてくれる法律事務所・法務事務所も増えてきましたので、解決のため一歩を踏み出し、門を叩いてみるのはいかがでしょう?

松本市/借金の減額請求について|任意整理

多重債務などで、借金の支払いが困難な実情に至った時に効果がある方法の1つが、任意整理です。
現在の借入れの状態を再度チェックし、以前に金利の支払い過ぎなどがあったなら、それを請求する、又は現状の借金と差引きし、なおかつ現状の借入れについてこれから先の利息を減らしてもらえる様に要望出来る進め方です。
只、借金していた元金については、しっかりと払戻をしていく事がベースであって、利息が減った分、過去よりももっと短い期間での支払いがベースとなります。
ただ、利子を払わなくてよい分だけ、月毎の返済金額はカットされるので、負担が減るのが普通です。
ただ、借金している貸金業者がこのこれから先の利子においての減額請求に対応してくれなければ、任意整理は出来ません。
弁護士の先生に頼めば、必ず減額請求が出来ると思う人もいるかもわかりませんが、対処は業者によっていろいろであり、応じてくれない業者と言うのも有ります。
只、減額請求に応じてくれない業者は物凄く少数なのです。
ですので、実際に任意整理を行って、信販会社などの金融業者に減額請求をする事で、借金の苦悩が大分減るという人は少なくありません。
現実に任意整理ができるだろうか、どのぐらい、借金返済が圧縮されるかなどは、まず弁護士さんに頼む事がお奨めです。

松本市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/任意整理

はっきり言って世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないです。マイホームや高価な車や土地等高額の物件は処分されるのですが、生活していくなかで必ずいるものは処分されません。
また二十万円以下の預貯金は持っていてもよいのです。それと当面の数箇月分の生活費一〇〇万円未満なら没収される事は無いでしょう。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもわずかな人しか見てないのです。
又世にいうブラックリストに掲載され7年間ほどの間はキャッシング、ローンが使用できない現状となるが、これはしようが無い事です。
あと一定の職種に就けないことも有るのです。けれどもこれも僅かな限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返済することができない借金を抱えているのであれば自己破産を進めると言うのもひとつの進め方です。自己破産を実施したらこれまでの借金が全く無くなり、新しい人生をスタートすると言う事で長所の方がより大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士、司法書士、公認会計士、弁護士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限とし遺言執行者、保証人、後見人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれません。けれどこれらのリスクはあんまり関係が無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きなものじゃ無いはずです。