熱中して叫ぶ妹とよく冷えたビール

冷たいグラスで頂くミネラルウォーター

例えば、地球を初めて見るエイリアンに「研究家」のことを説明するとしたら、どうやって言う?「兄ちゃん」の目立つ特徴とか、いや、前提として世界や日本についての説明からするのかもしれない。

TOP PAGE >

□目を閉じて自転車をこぐ先生と失くしたストラップ

石田衣良という小説家に出会ったのは、愛の家で。
愛がいない部屋という短編がぎっしり詰まった短編集が彼女の部屋に置いてあったから。
故郷の青森の母が読み切って、それを米やフルーツと同時に送ってくれたとのこと。
当時は全然名前の知れていなかった石田衣良さん。
彼女は元々自伝や経済、雑誌などは買う。
しかし、いわゆるライトノベルは読まないので、愛がいない部屋を私にくれるという。
愛の母はどんなことを考えながら、石田衣良さんのこの本を手に取ったのだろう。

雨が上がった平日の朝はカクテルを
普段、業務や家事に手一杯で、なかなか空いた時間が持てない。
隙間の時間があっても、自然に次やるべき仕事のスケジュールなど、何かの締切が頭の隅にある。
そんなときに、大きな休みができると、とてもワクワクしてしまう。
では、少しの空き時間を何に使おうかと。
だいたい、毎回、あれも、これも、という願望のみが募り、完全には達成できない。
特に私はゆっくりペースなので、気付けば時は経過。
時は金なり、なんて本当に明確だと思う。

□じめじめした祝日の午前はカクテルを

使う予定があり必要性のある青竹をたくさん拝領するようになり、ほっとしているのだが、竹が厄介でつぎつぎと持っていってほしがっている知人は、必要以上に竹を取って帰らせようとするので面倒だ。
必要な量より多く持って帰っても捨てることになるのだが、場所をとる竹が困ってしょうがないらしく、運んで帰ってくれと強く求められる。
自分も必要なものをもらっているので、強く言われたら断れない。

陽の見えない火曜の明け方に想い出に浸る
太宰治の人間失格をラストまで読んで、葉ちゃんの感情も理解できるな〜と感じた。
葉ちゃんは、人間なら誰しも抱えている感情を、豊富に抱えている。
そんな部分を、自身の中だけに積み重ねないで酒だったり女だったりで、発散させる。
ラストで、葉ちゃんの知り合いのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
ここで初めて、葉ちゃんは世渡りが下手なんだと、いつも気の毒に思ってしまう。

□ゆったりと大声を出す先生と失くしたストラップ

アンパンマンは、子供に人気のある番組なのに、しかしめっちゃ攻撃的のように思う。
話の終わりは、アンパンチといってぶん殴って終わりにすることがめちゃめちゃ多く思える。
小さな子にもとっても悪い影響だと思える。
ばいきんまんとその他が、たいしてひどいことをしていないときでもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見つけたら、やめろといいながらもう殴りかかっている。
理由を聞かない。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぶん殴って話を終わらせるからいつになっても変わらず、いつまでたっても同じだ。
想像するのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、アニメ向きにする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

涼しい月曜の午前にお酒を
最近のネイルは、バイオジェルなど、凄く難しい技が使用されているようだ。
ちょっとだけサービスのあるインビテーションをいただいたのでサロンに向かった。
思いっきり、柄やデザインに関して、優柔不断なので、決めるのに時間を要した。
親指に簡単なアートをしてもらって、感動しテンションが高くなれた。

□寒い休日の晩に椅子に座る

甘い食べ物がすごく好みで、バウンドケーキや和菓子をつくるけれど、子供ができて作るものが限られた。
私たち親がとても楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがることは当たり前なので娘も食べてもいいバウンドケーキをつくる。
私は、激甘なものがすごく好きだったけれども、子供にはチョコレートなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが体にもいいので、砂糖をひかえて入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

ノリノリで大声を出す彼女と読みかけの本
さやかちゃんは見た感じだけではおとなしそうに見られるようだけど、アクティブな女友達。
夫と、2歳の賢治くんと、一家で、フレンチレストランのななめ向かいのアパートに住んでいる。
正社員の仕事も育児も手際よく行い、忙しいけれど、時間の使い方は上手。
ちょっとでも時間があれば、今日うちに来てくれる?など絶対電話を入れてくれる。
私は頻繁にミスドを買って、さやかちゃんのお宅にお呼ばれする。

□陽気に大声を出す父さんとファミレス

盆だとしても本家から外れて住んでいるとたまにしか認識することがないが、少なくとも、供え物くらいはと考え里方へ届けた。
生家に住んでいたら、線香を手に持って祖霊の受け入れに出向いて、お盆やすみの終わりにお見送りに行くのだが、外れて定住しているので、そう実行することもない。
ご近所の方は、香を握って墓所に向かっている。
そういった様子が目撃する。
日常より墓前の周りの道路にはたくさんの車が路駐されていて、お参りの人もすごくたくさん視認できる。

無我夢中で泳ぐ先生と冷たい雨
このところ、自分の子供が運動場で遊びたがらない。
暑くてきついからだろうか、室内で気にいった遊びがめちゃめちゃ楽しいからか。
ほんの少し前までは、ものすごく家の外に出かけたがっていたのに、最近は、わずかも出かけたがらない。
考えるに、父だと、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないが、だけど嫁はわずかでも気にしている。
けれど、暑くてきつい場所で遊ばせるのも心配だ。

□サイトカテゴリ


□サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 冷たいグラスで頂くミネラルウォーター All Rights Reserved.
top